22019yonex natural



そしてYONEXといえば「軽くて柔らかい」に代表されるカーボンボード達の造りは今年も洗練されたパフォーマンスで新登場 硬いボードはより強靭に!柔らかいボードはよりしなやかに!

YONEX 2019-2020-5
YONEX 2019-2020-7
YONEX 2019-2020-6
YONEX 2019-2020-8


今季のおススメ!
YONEX 2019-2020-9
YONEX 2019-2020-91
YONEX 2019-2020-12

YONEX 2019-2020-11

そして最新のボード達には
YONEX 2019-2020-10


YONEX ACCUBLADE   ALL NEW!で再登場

2img-howto-boots

2019-2020 YONEX ACCUBLADE 復活です♪ (早期ご予約承り中)

ブーツとバインディングの着脱を圧倒的に簡単、素早くおこなうステップインシステムの登場は、1990年代半ばから後半のスノーボードシーンにおいて大きな話題となった。初心者でも簡単に装着できるこのシステムに多くのユーザーが飛びついたが、中上級スノーボーダーの反応は異なっていた。ステップインの多くはブーツとバインディングの固定が横位置にあり、基本的にルーズな部分が多く、足元の力を効率良くボードへ伝達できないという問題があったからだ。

その問題を解消すべく、SHIMANO社が開発に取り組んだシステムがaccubladeR(アキュブレイド)だ。accubladeRの固定位置を縦に配置し、かつ他社のステップインよりも前後のインターフェイスの設置幅を広げ、つま先とかかとを支点として横へは必要とされる柔軟性を確保しつつ、少ない力でもしっかりとエッジへと荷重し、楽に乗れるというとても効率の良いパワー伝達を実現。それまでのステップインとは一線を画す、優れたaccubladeRのライディング感覚は、パークやパイプを滑るフリースタイルを楽しむスノーボーダー、そして競い合ってでもファーストトラックでパウダーを滑りたいというエキスパートライダーたちをも魅了した。

こうしてaccubladeRは「ステップインではエキスパートが求める性能には物足りない」という定説を覆し、高い評価を得るようになっていった。YONEXでは、2007年にこのaccubladeRを導入。BoaRフィットシステムを装備したPRIMACY FOCUS SIなど、よりaccubladeRの性能を生かした製品を発売。安藤輝彦や大竹延王らYONEXのチームライダーはフリースタイルのコンペティションの舞台でもaccubladeRを使用し、その実力を立証していった。

■そして更なる進化■
IMG_7850
YONEXではaccubladeRのスタート当時から軽量化の向上に取り組んできた。 2013年にはAERIO ABブーツを発売。徹底的に軽量化し、ブーツのルックスをスリム化。さらに最先端の軽量アッパー素材を導入し、旧モデル比較で250g(片足)という軽量化を実現。フリーライディングはもとより、フリースタイルでの実用性も向上させた。さらにバインディング部も様々な取り組みとともに進化を遂げていく。センターディスクへのパワークッション導入などにより乗り心地を向上させ、高強度アルミ、ジュラルミンといった素材の修正にも取り組んだ。

一方スノーシューで有名なMSRからaccubladeR対応のモデルが登場。そして2019年のLAZY MAKER BOAR ABはダブルBOAを採用し、自分好みのフィット感を見つけやすく、着脱もスピーディで快適。スノーボードをこれまでよりもずっと楽に楽しめる大人のちょっと贅沢な「ラグジュアリースノーボーディング」という新たな可能性を模索し始めた。

■アキュブレードはここが違う!■
ブーツをトゥとヒールのベース部分の縦方向2点支持で固定するので、
トーションの操作性が上がり、カービングに効果的。 ノーズ・テール方向の適度な遊びにより 加重・抜重がスムーズになり、フリーライドだけでなく、 ハーフパイプやジブなどのシーンにも対応できる。

一方他社はB〇〇TON製 昔の横方向2点支持、新製品のステップオ〇などの3点支持で爪先の微妙なトラクションがかけられない為、フロントサイドのカービングがしにくい、または伸びのあるカービングなどの高速系で、ボードコントロールができない。
またグラトリのプレス等の動きに対して制約ができるうえ、降雪時の脱着は困難を極めます。

やはりバックカントリーの世界でも長年の根強い人気のアキュブレードは安心してあらゆるフリーライドシーン、競技シーンで絶大な信頼があります。

一時、ソールの接着不良で発売中止となりましたが、原因は使い手にあるような気がします。

毎日使用して濡れたまま放置して素材がふやけ発生した事例です。しかもその使い手は雪かき、除雪作業にも本製品を毎日のように使っていた業界の人と聞きます。
不適切で過酷な状況での使用に事故を防ぐために発売中止までしてブーティを再開発したYONEXはさすがで凄いと思います。

ちなみに他社フリーソールブーツ(ストラップ式)で一番ゲレンデに剥げて落ちているのはとりもなおさずあのメーカーです。(笑)
そんな感じでいろいろと書きましたがこの記事を参考にしていろいろ見て回るのもいいと思います♪
あとは自分好みのひと品に遭えればさいこうですね♪

Logo-Yonex_svg1
YONEX 2019-2020-2
YONEX 2019-2020-3


ご予約は 093-883-8230 FAX 093-883-8230
または FACEBOOK  INSTAGRAM メッセージ欄より受付可能です。


2019-2020 FREERUN スノーボードギアカタログにも掲載されています。

YONEX 2019-2020-4



そしてSPINE BACK
YONEX 2019-2020-15
YONEX 2019-2020-14


ご予約は 093-883-8230 FAX 093-883-8230
または FACEBOOK  INSTAGRAM メッセージ欄より受付可能です。




accublade-natural2
accublade-natural201720161105


Naturalは福岡県 北九州市のみならず九州、山口エリアで唯一のAccubladeプロショップです。

SHIMANO時代からaccublade(ステップイン)を取り扱っていますのでノウハウも豊富です。

よりスピーディな使い方やセッティング、
そしてメンテナンス〜スペアパーツ(まず壊れることはないですが)まで店内に常備して万全の態勢で対応しています。


accublade2017-natural22
accublade-natural201720161105 (2)


そして今季は最高の履き心地で好評のインナーがさらに劇的進化を遂げて新登場です。

YONEXがバトミントンやテニスで実績のインナーをスノーブーツに採用! もうどのメーカーのブーツとも比べようがない、別次元の履き心地とホールド性を確保しています。

IMG_0341


そして今季は

遂に トリッパーが本革仕様が限定登場となりました♪

その名も「PREMIUM TRIPPER」  Shimano Freak でみんな大騒ぎした往年の革ブーツが復活です♪

IMG_03482


革は使い込んでイイ味でそうですね♪ 無論、最強インナー装備です♪

そしてビンディングも革命が・・・・・笑

パウダーボードの世界では一部で流行っているハイバックレスがXTFとして登場。

IMG_0336


そしてバックカントリーのスノーシューのシェアNo.1ブランド、あのMSRからもACCUBLADE対応モデル

が発売。 オモチャのステップインとは違うという海外のメーカーから見てもギアに対する絶対的な信用がわかります♪

CCF20140218_00000


また

Natural では Accubladeの良さを多くの人にお伝えするために

有償にてYONEX レンタルボード&ブーツ&ビンディングのレンタルも行っています。 

各モデル、サイズ取り揃えておりますのでお気軽にお申し付けください。

*お貸出しの際は身分証、免許証が必要です。